2年に一度やってくるバイク車検、できるだけ安く抑えたいと考える方は多いと思います。

そこで今回は、バイク車検を5万円以下に抑えたい方のために、バイク車検を5万円以下に抑える方法を紹介します。

 

バイク車検は5万円前後から

バイク車検はいろいろな場所で受けることができますが、バイク車検の総合的な費用は5万円前後のようです。

ですので、バイク車検を5万円以下で済ませることは、それほど難しくないと思われます。

もちろん、整備が必要な場合には車検代は5万円以上かかってしまうかもしれませんが、しっかりとメンテナンスさえしてあれば難しくない金額ではないでしょうか?

 

バイク車検を5万円以下に抑える方法

バイク車検を5万円以下に抑える方法について紹介します。

 

普段のバイクメンテナンスで費用を抑える

バイクを車検に出した際に修理箇所がありコストがかかるより、普段からバイクメンテナンスを行っておくことが重要です。

バイク車検の際に大きな出費も金銭的に痛いですが、バイクのメンテナンスができていない事の方が安全面において大きなデメリットにもなります。

 

できるだけ改造はしない

バイクをカスタムすることはバイクを楽しむことの一つですが、やり過ぎてしまうと車検の際に無駄な出費が発生してしまいます。

もちろん、車検に適合するカスタムであれば問題ないですが、中には車検に適合しないカスタムをしている方もいるようです。

そういったカスタムは車検時に整備が必要となるため、無駄な出費にも繋がります。

もちろん、車検に適合しないという事は交通法違反の可能性も大きいので、無理な改造はやめましょう。

 

5万円以下でバイク車検が受けられるショップ

管理人が調べた5万円以下で受けられるバイク車検サービスを紹介します。

 

2りんかん

2りんかんではバイク車検に3コースを用意していますが、その中の基本車検コースなら46820円で5万円以下に車検代を抑えることができます。

このプランは車検に必要な検査を行うプランで、その上のプランは普段行き届かない点の整備や、さらに上のプランではロードサービス付きのプランとなっています。

普通にバイク車検を通したいのであれば、2りんかんの基本車検プランでも問題ないと思います。

 

ナップス

ナップスでもバイク車検に3コースが用意されており、その中のエコノミー車検の一般車両なら40720円からバイク車検が可能です。

しかし、ここで注意することは、ナップスのエコノミー車検は法定12か月点検を受けている方が対象です。

この法定12か月点検記録簿がないとこのエコノミー車検を受けることはできません。

もしエコノミー車検を受けることができない場合には、その上のスタンダード車検が49020円から用意されています。

スタンダード車検は一般的なバイクを対象としており、ビッグスクーターや外車は51520円からとなっています。

スタンダード車検は名前の通り車検を通すための作業のみのシンプルなプランとなっています。

 

レッドバロン

全国展開のレッドバロンで車検を利用したい方は、レッドバロンでバイクを購入した方のみです。

また、レッドバロンの場合、車検費用の合計金額を公表していません。

その代わりに、無料見積もりを行っているので、自分のバイクがいくらで車検が利用できるのか?見積もりだけもらいに行っても良いかもしれません。

ちなみに、管理人が利用したときには48000円くらいだった記憶があります・・・。

あくまで記憶ですので、気になる方は無料見積もりがおすすめです!

 

ホリデー車検

最後にホリデー車検ですが、ホリデー車検は5万円以下でバイク車検を利用できます!

ホリデー車検ならバイク車検は36814円で受けることができます!

ホリデー車検のバイク車検は、他社の基本プランと同じような無駄な作業は行わない車検となっているため、自分のバイクに問題がなければ最低価格でバイク車検を利用することができます。

ちなみに、ホリデー車検は入庫して1時間程度で車検が済むため、時間もお金も無駄にしないですみます。

また、しっかり整備士の立ち合い説明があるので、バイクの状況や、今後整備した方が良い部分などのアドバイスも受けることができます。

安かろう悪かろうではなく、しっかり検査をしたうえで安いのでおすすめです!

 

近くのショップを調べる⇒ホリデー車検